品川区 睡眠外来 心療内科 精神科 過眠症 睡眠時無呼吸症候群

MENU

当院で可能な検査

睡眠検査のご案内

睡眠ポリグラフ検査(PSG)

 

睡眠ポリグラフ検査(Polysomnography: PSG)では、脳波、筋電図、心電図、呼吸センサーなど複数のセンサーを装着し、個室で夜間睡眠中の状態を評価します。

 

 

検査時間
一泊入院
検査の目的
  • 睡眠時無呼吸症候群の診断、重症度の判定
  • CPAP療法の圧設定、治療効果の判定
  • 周期性四肢運動障害の診断
  • レム睡眠行動障害の診断

反復睡眠潜時検査(MSLT)

 

反復睡眠潜時検査(Multiple Sleep Latency Test: MSLT)では、センサー(脳波、筋電図)を装着し、日中に暗くした検査室で昼寝をしてもらい、寝つきに要した時間と睡眠段階の評価を行います。

 

 

検査時間
9時〜18時の間、2時間おきに4〜5回検査を行います
検査の目的
  • ナルコレプシーの診断
  • 特発性過眠症の診断

覚醒維持検査(MWT)

 

覚醒維持検査(Maintenance of Wakefulness Test: MWT )では、センサー(脳波、筋電図)を装着し、日中に明かりを暗めにした検査室で、座った状態で目を開けたまま40分間起きていられるか検査します。

 

 

検査時間
9時〜17時の間、2時間おきに4回検査を行います
検査の目的
  • 覚醒維持(眠らずに起きていられるか)の評価
  • 眠気に対する治療効果の判定

下肢不動化示唆検査(SIT)

 

下肢不動化示唆検査(Suggested Immobilization Test: SIT)では、睡眠ポリグラフ検査前に、ベッド上で座った状態で脚の動きと不快感の変化を記録します。

 

 

検査時間
睡眠ポリグラフ検査前の1時間(21〜22時)
検査の目的
  • むずむず脚症候群の評価

SAS簡易型検査

 

SAS簡易型検査では、簡易型検査装置をお持ち帰り頂き、夜間に自宅で無呼吸の有無や酸素濃度の変動を記録します。

 

 

検査時間
自宅で就寝中に記録
検査の目的
  • 睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング

Page Top

menu
初診予約
初診予約
再診予約
再診予約