スリープ・サポート クリニック

Loading

品川区 睡眠外来 心療内科 精神科 過眠症 睡眠時無呼吸症候群

MENU

周期性四肢運動障害

メインビジュアル

周期性四肢運動障害とは

周期性四肢運動障害の症状

 

下肢または上肢の異常運動で睡眠が妨げられる

夜の睡眠中(主に)足が周期的に動いてしまうことで、途中で目が覚めたり、浅い眠りになるため、日中の眠気や疲れを生じる場合があります。足の動きを、本人が自覚していることもありますが、ベッドパートナーに指摘される方が多いようです。むずむず脚症候群(レストレスレッグズ症候群)を伴う場合が多く、類似した原因で起こると考えられています。

 

 

周期性四肢運動障害の診断・治療

 

主な治療法について

問診で症状の確認を行った上、睡眠ポリグラフ検査を行い、診断と重症度を判定します。鉄分不足の場合は、鉄剤などで補充を行う治療をします。生活習慣の改善や、お薬によって、症状をコントロールしていきます。

 

 

Page Top

menu
初診予約
初診予約
再診予約
再診予約